マンション管理用語集

「チョウケイってなに?」
「グレーチングって、何なの??」
「ゾウアツチョッケツって???」
「セキニンセコウホウシキって何よ!!!!!」



マンション管理会社のフロント担当者や専門業者、大規模修繕工事の施工業者や設計監理者、そしてマンション管理士、、、が使う、マンションの理事会や総会で出てくる「専門用語」「業界用語」の数々、、、


マンション住民や理事のあなたは現場で混乱していませんか?



マンション管理組合の学校では、管理組合(理事会)役員の皆さんが、専門家が多用する専門用語の意味を調べるための、辞書・事典代わりの用語集を作りたいと思いました。



ただし、ただの用語集では面白くありませんし、恐らくその時は何となくわかっても定着しません。身につきません。



そこで、一般的な用語集とは違い、マンション管理に詳しくない方にも楽しく読めるようにちょっとだけ工夫を試みます。


  • 用語の意味は極力シンプルにする(用語の意味の文中に難しい言葉を入れない。)
  • その用語にまつわるちょっとした知識やうんちく、エピソード、実際にあった笑い話(笑えない話)・意見を書く。
  • 参考になるようなページやサイトがあればそちらへリンクを貼る

マンション管理に詳しくない、素人の理事会(長)の皆さんに楽しく読んでいただければ嬉しいです。


※用語を書いてマンション居住者や理事会の役に立ちたい方は、
管理組合用語集


マンションで理事を経験した方、業界の方、ぜひこの用語集にあなたの1ページを加え、全国1,500万人のマンション住民や新任理事会の役員の方々に貢献しませんか?



[用語集を書くメリット]

・世のマンション管理組合(困っている理事長等)への貢献になる。

・書くことで、頭の整理ができるし、文章能力・情報発信能力が身につく。

・あなたが運営しているブログはWEBサイトなどがあれば、そこへのリンクを貼って誘導することができる。

※投稿に対する報酬はありません。無料で書いていただき、ネットやリアル(セミナー等)を通じてユーザーへ認知度を高めていただくことが対価となります。



[詳細と条件について]

・文章のスタイルには3つのお願いがあります。

〕儻譴琉嫐を「シンプル」に書きつつ、
△修陵儻譴砲泙弔錣襪舛腓辰箸靴臣亮韻笋Δ鵑舛、エピソード、実際にあった笑い話(笑えない話)、意見を書いて頂く。
F颪靴げ鮴發牢困┐峠颪ない。

・文章は学校スタッフへのメール本文へ直接書くか、Wordファイルやテキストファイルへ書き込み添付して提供することが原則です。所属する組織のアピール目的が露骨な場合は修正・削除させていただきます。
※文章の最後に所属先のテキストリンク貼ることは可能です。

・校閲(読みやすいような修正・間違い確認・イラストの貼り付け等)やWEBサイトへの公開手続きは学校スタッフが行います。文章力やWEB知識など心配は不要です。
※ご自身で本学校サイトへ直接書き込むことはできません。

・文章に差し込む写真やイラストなどは可能な限りご提供ください。ユーザーに用語の意味が伝わりやすく読みやすい媒体となり、購読率が高まりアピールにつながりやすくなります。
※写真やイラストには「マンション管理組合の学校」であることの文字を入れさせていただきます。

※実際の写真にモザイクを掛けたりイラスト調へ加工する等の作業をこちらで行う事が可能ですので、必要な場合はお申し付けください。

※文章のみご提供いただいた場合、ユーザーの読みやすさの観点から、適当な画像やイラストを挿入させていただくことがあります。

・用語の提供は、1か月に1つ、最低6つはお願いします。なお、回数の上限はありませんが、学校スタッフの業務の都合上、公開頻度は調整させていただきます。(例:文章を毎日ご提供いただいても、週2本ずつ交換する。)

・所属する企業名/氏名といった情報を公開頂ける場合、所属する企業のWEB媒体(ホームページやfacebookなど)へリンクを貼りユーザーを誘導することが可能です。記事に興味を持ったユーザーを誘導することができます。

・所属する企業名/氏名の匿名も可能です。この場合、特定されない程度に、おおよその情報提供をお願いします。(例:港区の某マンション元理事長/首都圏の管理会社フロント経験者/関西の大手修繕専門会社の現場代理人)

・特定の個人(例:●●号室の住民)や組織(例:●●コミュニティ)を非難中傷するような内容は削除させていただきます。

・基本的に、多様性を尊重するべく、文章の検閲はしませんが、本学校サイトの理念とあまりにも乖離する場合や、所属する企業のアピール目的が露骨な場合には、掲載をお断りさせていただいたり、過去に遡って掲載記事を削除させていただきます。

・個別の用語に関する著作権はご本人および学校の両方に帰属し、二次活用はお互いにフリーとなります。


以上となります。共感し、ご協力いただけることを願っています。
※詳細は気軽にお問い合わせください。

お問合わせはこちら!
管理組合用語集