★修繕積立金とは、マンションの維持管理上必要なコストのひとつで、各区分所有所有者から徴収する費用をいう。


マンション管理士よりひとこと
img_miyama

各区分所有者から毎月徴収する費用は大きく3つあります。

(1)修繕積立金…建物・設備・敷地を長期間に亘り維持していくために必要なコスト。マンション管理組合の貴重な財産
(2)管理費…マンションを日々運営していく為に毎月支出されるランニングコスト
(3)専用使用料…管理組合の共用部分を区分所有者が利用する場合の利用料
例:駐車場使用料、自転車置場使用料、ルーフバルコニー使用料、専用庭使用料

このうち(3)の専用使用料は徴収した後に、修繕積立金か管理費の会計に合算されます。

さて修繕積立金の多寡はマンションが長期間に亘って劣化を食い止められるか、そして改良工事等を通じてバリューアップできるかの重要なポイントになります。

一方で、修繕積立金の多寡が『中古マンション購入者』のマンション購入を判断するポイントにもなっているのをご存知ですか?

マンション購入者は住宅情報誌などの媒体を通じ、毎月徴収される修繕積立金の額をチェックしていますが、この修繕積立金の額が少ないと『ちゃんとお金が貯まっていくのだろうか?』と不安になります。毎月の徴収額が少なく、将来の大規模修繕工事時にお金が足りず一時金徴収、なんてことも考えれるからです。

また売買契約締結前の『重要事項説明書』では、管理組合全体の修繕積立金の額や長期修繕(積立金)計画が提示され、修繕積立金からマンションの将来に亘る維持管理の質が見えてくるのです。

修繕積立金は高く、毎月のランニングコストである管理費は安く。
これが鉄則です。