★斜線制限とは、都市計画区域内で、建物の高さを制限する規定の1つ。

建物の凸部と、前面道路の反対側の境界線とを斜めに結ぶ線が、一定の勾配
(こうばい)以下であることを規定します。勾配は通例1.5とされます。