★建物形状とは、ずばりそのまま建物の形を指す。

マンションの外観は、建物の形状によって次の分類ができます。建物に凹凸のないシンプルな形のマンションを「ようかん型マンション」とい言います。敷地に対して住戸がたくさんとれ、建築費を抑えることができるので、多くのマンションに見られるポピュラーなタイプです。
 

一方、1住戸ずつずらして住居を配置したマンションを「雁行型(がんこうがた)マンション」といいます。雁が空を飛ぶ時の行列に似ていることから、この名前がついたと言われます。雁行型にすると、すべての住戸を角住戸にできるので採光・通風に優れ、プライバシーも保ちやすいメリットが生まれる一方、壁の表面積が増え、鉄骨や鉄筋が多く必要となるので建築費用が上がり、それだけ売買価格も高くなります。 

また、斜面の土地の上に立つマンションを「斜面型マンション」と言います。各住戸に広いバルコニーやテラスを設けられ、平坦な土地よりも地盤整備や施工に手間がかかり建築費が上がるため、やはり売買価格が高くなります。