★理事会とは、マンション管理において管理組合の執行機関に当たる。

例えば区分所有者全員で組織する管理組合が国会だとすると、ズバリ
理事会は内閣になります。つまり管理行政の担い手の事を指しています。
組合員の中から、
理事長、会計、営繕、広報などの役割を決め、総会で決まった管理業務を実行。管理に熱心なマンションでは月に1度の割合で理事会が開かれ、活発に話し合いが行われます。
理事は1〜2年ごとに持ち回りで交代するのが一般的です。
大規模修繕工事など重要な計画が近づくと、人手が足りなくなるため、修繕委員会など特別のスタッフを選任することもあります。