大阪発_新米理事長_奮闘記
【大阪発:ゼロから始める 米理事長奮記 その2】すべての第一歩

皆さんこんにちは。やす です。
大阪の夏は蒸し暑く、辛い日々が続いています。

私が2016年2月に新築分譲マンションを買って、そこから理事長に就任するまでの話を、まずは書いてみようと思います。



新居への引っ越しも一段落してホっと一息ついていた、2016年4月。
第1期定期総会のご案内と、総会議案書がポストに届いていました。


ぱらぱらめくってみると・・・なんじゃこりゃ?


文字が多い。

数字が多い。

わけわからん。


【総会】・・・なんのことですかぁ?
【管理組合】・・・なにそれ、食えるのか?


私はそういうレベルの人間でした。



そして最後のページ。第2期理事会役員選任の件。


・・・ん?


理事役員候補として、自分の名前が載ってるぞ。
理事役員の輪番表が添付されていて、自分の部屋番号に印がついている。



なにそれ聞いてないんだけど〜。
販売会社はそういうこと何も言ってなかったんだけど!



でもまぁ、ここで私は特にネガティブな気持ちにはならなかったです。
なんか、誰も知らない大人の世界に一歩踏み出すドキドキ感が強かったですね。

そういう意味では、私は理事に向いている気質が元々あったのかもしれません。
まぁ、私はメンタル最弱(理事長の妻さんのパクリ)、かつ、コミュ力無しですけどね(笑)


あと、マンション暮らしも初めてです。
(大丈夫なのか、こんな人間が次期理事長になるなんて?!)

とりあえず、総会出欠票の【出席】に丸をして、提出〜!



そして、言葉にしづらい気持ち(ワクワク感?)を抱えて迎えた、定期総会当日の朝〜。
総会は午後からなので、とりあえず午前中に、総会議案書と管理規約にざっと目を通しました。


なんか、管理規約ってよく分からないけど重要そうじゃん。
それを読んでないと総会でナメられ、そしてボコられるのでは・・・
そんな意味不明な妄想をしていました。


今思うと、あの日の

【総会議案書や管理規約を読む】という行為が、全ての始まりだったのです。



午後。
少しおしゃれをして(ナメられないように)、区民センターの講堂の扉を開けるのでありました。



(次回は、第1期定期総会のお話につづく。)



大阪市の新米マンション理事長 やす

--------------------------------------------------------------------------

大阪発:ゼロから始める 新米理事長 奮闘記

※理事長経験者のコラムニストを募集中!

[マンション管理を楽しく学び合いたい]
−マンション管理組合の学校−

--------------------------------------------------------------------------