新人マンション管理士_ブログ

【建築再生展見学リポート】〜改修がもたらす新しいライフスタイルとは?〜

マンション管理士 新人のメル夫です。只今メルすみごこち事務所で研修中です。

今回は、2017リフォーム&リニューアル建築再生展の「リクシルリニューアル」の会場で、「アルミサッシの断熱性・遮音性能UP」を見学して気づいたことをお届けします。

 

【マンションのアルミサッシの課題】
現状、認識されている課題として以下があげられると思います。
➀防犯
➁開閉しづらい
➂外の音が聞こえる
➃窓の近くが熱いまたは寒い
➄窓まわりに結露が発生する


私の場合、築35年のマンションにお住いの方で、アルミサッシを通して「外の音が漏れてうるさくて眠れない」というお悩みを聞いたことがあります。
音漏れは➂ですね。

 

house_souon

【マンションのアルミサッシのリニューアルの効果】

サッシメーカでは上記にあげられたような課題をもとにリニューアルがなされたそうです。
その結果、次の5点が改善されました。   
操作:開け閉めがスムーズに
結露:結露が大幅に改善
断熱:窓まわりの寒さ、暑さが軽減
遮音:外からの音を遮り、中の音が外に漏れるのを防ぎます
美観:高級感のある美しい仕上げと丈夫で長持ち

 


【更に、防音・断熱内窓「インプラス(窓をもう1枚プラス)」でもっと快適に!】

展示会の後ですが、アルミサッシの修繕工事の際に、さらに内窓の設置工事(インプラス)を行えば、より快適な生活が得られるとの話を聞きました。
特に断熱と防音は効果が大きいそうです。

 

 

【国土交通省の補助金の活用が可能】

リクシルさんから、国の補助金が使えますという説明を聞きました。国土交通省の「住宅ストック循環支援事業補助金」で、住宅のエコリフォームに対しても対象だそうです。
具体的には、以下の改修工事が対象です。
※【】内はおよその補助金額

➀開口部の断熱改修(ガラス交換、内窓設置、外窓交換)【3千円〜25千円】
➁外壁、屋根、天井または、床の断熱改修【60千円〜120千円】
➂設備エコ改修【24千円】


申請額は5万円以上から可能となります。
例えば、開口部の外窓交換(大)を3か所行うと補助金の額は、2万円×3=6万円となるので、申請が可能となることがわかりました。活用できるといいですね。

なお、申請期間は第3回として、平成29年8月1日〜平成29年9月7日までです。
     
                                                        

【メル夫の今日の気づき】
一般的には、アルミサッシは温度差で収縮します。
特に冬の季節では、アルミサッシは縮むので空気が漏れる可能性があります。

最新のアルミサッシに交換し、「インプラス」で二重化すれば、遮音性が高くなり、より快適な生活が得られることを学びました。最新の住宅関連技術をうまく活用すべきです。

「アルミサッシを通して音がして、気になり眠れない」という方、一度ご検討されてみてはいかがでしょうか。

 
(新人マンション管理士 メル夫)