大阪発_新米理事長_奮闘記
【大阪発:ゼロから始める 米理事長奮記 その4】お金のこと


皆さんこんにちは。やす です。

2016年4月の第1期定期総会を終え、興奮冷めやらぬゴールデンウィーク。
私は黙々と本を読み続けていました。
妻との沖縄旅行の飛行機の中でも、もちろん読んでいました。


何の本かと言うと、
  • 管理組合関係
  • 理事会関係
  • マンション管理関係
  • 管理見直し関係
の本です。
大型連休で10冊ぐらい読みました。




これらの本を読んでいて、私が『ココかな!』と思った言葉は、




『もしも、管理を他人任せにすると・・・
 →知らないうちにムダなお金がどんどん出て行く!』




ということです。
つまり、自分たちの財産を守るのは、自分たちしかいないということです。





突然ですが、
【皆さんお金好きですか?】




言い方を変えますね。
【お金あると嬉しいですか?】




そうですよね。
みんなお金が好きだし、あると嬉しいのが当たり前です。





【お金の足りないマンションを所有していたいですか?】
そんな人はいませんよね。




だから、管理組合のお金に対する取り組みは、とても重要です。
その取り組みを怠ると、すなわち、お金の足りないマンションになるからです。




話は飛びますが、管理組合の仕事っていっぱいあって大変なんですよね!
コミュニティーのこと、ペットのこと、植栽のこと、駐車場のこと、マナーのこと、防災のこと、業者の仕事のチェック、建物の維持・修繕のこと、組合運営の活性化や継続性、等々。

考えなきゃいけないこと、やらなきゃいけないことが山積みなんですよ!



それら全部をズバっと解決!
、、、できる理事長なんていません。



ぃゃ、、、いることはいます。実際、超人を知ってます。

でも、決して! マネしてはいけません。普通の人間がそれをやろうとしても、精神を病んで潰れるのがオチです。

また、おそらく他の誰もついてこれません(ここ重要)。



だから、私はお金のこと(とりわけ管理委託費のこと)に最も重きをおいて、後はゆるく取り組もうと考えました。

ゆるく・・・つまり、やっていないと思われない程度に、手を抜いて取り組むのです!
(管理会社にオマカセってのも良いですね。)

これが、超人ではない普通の人間の理事長が取るべき正しいスタイルかなと。


要するに、【選択と集中】の理論ですね。
(これ、言い訳する時とかに便利な言葉です。)


みんなが興味・関心のありそうなテーマに絞る! これもいいアイデアだと思います。
(総会で管理委託費の問題について、多くの意見が出ていましたからね。)



そう! まずは大きな問題に取り組まなきゃ!




、、、おっと、ここでのストーリー上はまだ理事長になっていないのでしたね。
次回は話を戻します。


(続く)


大阪市の新米マンション理事長 やす

--------------------------------------------------------------------------

大阪発:ゼロから始める 新米理事長 奮闘記

※理事長経験者のコラムニストを募集中!

[マンション管理を楽しく学び合いたい]
−マンション管理組合の学校−

--------------------------------------------------------------------------