伊豆、多々戸浜…
どこまでも透明な水。
海面を走るサーフボードから、逃げるように泳ぐ魚の姿も確認できます。

 (※前編はこちらを)

なんとなく気配を感じ、海から一望の駐車場を振り返ると、愛車シボレーのもとに帰還するサーファーの後ろ姿。シャボン玉女の弾けるような笑顔が見えます。

 

 

さすが真っ赤な高級車と美女を操る男、逆三角形の締まった身体が遠くからも見てとれます。
イケメンの類いであることは、女のレベルから考えても確実です。

 

 

体たらくなおっさん集団と、何から何までの違いを見せつけたシボレー男とシャボン玉女は、その後、夕日で茜色に染まり始めた海を後にしました。

 

________________________

 

 

サーフ仲間で旅行といえば、いい波、うまい酒、うまい飯。
いい宿は条件に入りません。

 

 

今宵の宿泊先、ひとり3800円。

古いアパートに無理やりトロピカルな塗装を施したような貸別荘。

シャワートイレの有無を尋ねるなど愚の骨頂、せんべい布団、かび臭、1ヶ所しかない温泉風呂(混浴?)という、まぁ、予想を裏切らない誠実な宿です。

 

 

片道一車線の山の中腹、270度の危険すぎるカーブを曲がると、少し開けた空間にトロピカル風ボロ、もとい、貸別荘が現れます。

 

 

すると、駐車場に見慣れた車が__

 

 

目を疑いました。

なんと、あのシボレーが停まっているのです。

 

 

大衆宿の前に停まる真っ赤な高級車は、吉野家に訪れた叶姉妹のように、場違いな存在そのものです。リゾートマンションなど星の数ほどある観光地において、なぜ同じ宿にあの車が停まっているのか…道でも間違えたのかな、と思いました。

 

 

荷物をおろし、チェックインのためにフロント棟へ行こうとしたその時、薄暗い階段の最上段に突如現る白い影___真っ白なワンピースをまとった女。
シャボン玉女です。



OEKAKI20

 
その様、夜闇に浮き出た般若のごとし

 

私たちの存在に気づいたシャボン玉女の瞳は、私たち以上の驚きで、一瞬、カッと見開かれ、即座に顔を伏せると、ものすごいスピードで階段をかけ降り、シボレーとは反対の方向へ駆け出していきました。

 

 

その5秒後、最上段に現れたは、シボレー男。

負けレースに全財産を投じたかのような悲痛な表情の色男。私たちの存在に気づく余裕もなく、シャボン玉女を猛烈な勢いで追いかけていきました。

 

 

以後、その宿に決して戻ることのなかった赤いシボレー…

 

 

___その夜、私たちは語ったのです。

 


あと1万円、その金があればリゾートホテルに泊まれた。

そしたらこのよう悲劇はなかったろうに…


OEKAKI21
 

真っ赤な高級車、雲ひとつない青空、エメラルド色の海真っ白な砂浜、イケメンの彼、彼を待つ美女、ビーチベッド、新調した水着純白のワンピースサングラスシャボン玉…


宿泊…トロピカル風ボロ宿

 

勝負の時__

この時だけは、必要な投資を躊躇せず注ぎ込む。これ無くして人生に成功はありません。

勝負の時は、人生にそう何度もあるわけではないのです。

急速にしぼんだであろう、シボレー男の期待と股間を思うと、たったひとつのボタンのかけ間違えで、天国から一変、地獄に叩き込まれるマネーの恐怖を考えずにはいられませんでした。

 

その夜。

我々にとって最高の宿で、今日の出来事を酒の肴に酌み交わしたビールの味は、とにもかくにも、すこぶる美味しかったのです。



【マンション管理組合の学校 事務局 マンション管理士おさらぎ】

--------------------------------------------------------------------------
マンション管理士おさらぎブログ

※理事長経験者のコラムニストを募集中!

[マンション管理を楽しく学び合いたい]
−マンション管理組合の学校−
--------------------------------------------------------------------------